シニア世代の暮らしとフレンチブルドッグのお話~ジャンクション24H~

menu

junction24h

ドットわん(ドッグフード)

我が家の犬たちは、朝はドッグフード、夜は手作り食を食べています。
ふうさんが我が家に来てから色々なドッグフードを試してみました。
ニュートロナチュラルチョイス、ニュートロシュプレモ、ナチュラルハーベスト、ヤラー、アカナ、オリジン、ヤイヤルカナン、サイエンス、ティンバーウルフ、ビッグウッドなどなど。
フードジプシーをしていました。
ドットわんも途中で試してみましたが、何しろ単価の高いフードなので、結局続かずいろいろ探しては違うフードを渡り歩いていた感じです。
それが約3年ほど前からは、ずっとドットわん鶏ご飯に定着しています。



500gで税込1,620円です。高いです。続けるのは大変です。
でもなんとなくコレがうちのこたちには合ってるなぁという気がして今では定着しました。
飼い主としてこだわったのは、原材料にカタカナで栄養素がズラっと並んでいないもの。(食材で作られているということ)
栄養を添加しているにすぎないフードが総合栄養食とか言われてるのは疑問なのです。
そういうフードも沢山試してみましたが、まず匂いがダメ。どうしても続ける気にならないのでした。

ドットわんも最近は、ビタミンミネラルの類を添加していますが、それでも栄養添加物は総量の1.5%といいますから他のフードよりは全然マシです。
たとえばドットわん鶏ご飯の原材料は・・・。

玄米(山形県産・他)、鶏胸肉(三重・和歌山県産・他)、ポークエキス(国産)、豆腐おから(埼玉県神泉村産)、ポークオイル(国産)、鶏肝臓(広島県産)、カツオ節(国産)、食用豚骨カルシウム(国産)、さつま芋(国産)、カツオエキス(静岡県焼津市産)、にんじん(千葉県産・他)、昆布(北海道産・他)、ビタミン・ミネラル類(栄養添加物は総量の1.5%以内)※塩化カリウム、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸亜鉛、ビタミンE、ビタミンB12、グルコン酸銅、パントテン酸カルシウム、ビタミンD
引用元: 自然食ドッグフード「ドットわん」

十分安心して食べさせられるフードだと思います。

粒は小さ目です。豆まきの豆みたい(笑)

固くて味はありませんが、人間が食べても平気です。
ただ、やっぱり単価の高いフードです。
3kgで買うと500gを6個買うより多少安いので3kgで購入するようにしています。
通常3kgは、8,748円ですが、たまにそれよりも安く買えることがあるのでチェックはかかせません。

関連記事

カテゴリー

カレンダー

2017年4月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930